読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかしらのアレソレ

聞く気のない講義のノートの端っこみたいなものです

大学生ラップ選手権当日予選に出た話

「私、8月にある大学生ラップ選手権の予選出るんですよ」大学生ラップ選手権の存在を最初に認知したのは確か8月の半ば、ワッショイサンバさんのこんな一言がきっかけだったと思う。「マジすか!?スゲー!!応援行きます!!!」と脊髄反射で言葉を返して、後日本当に応援に行った。直接予選大会を観戦して、率直に言って「どエライもんを見たなぁ…」と思った。同年代の大学生ラッパーがまるでDVDやらyoutubeで繰り返し見たMCバトルと同じようなハイレベルの試合を繰り広げる姿、同い年の女の子がバンバン会場を盛り上げゴリゴリにプロップスを得ていく姿、初めてバトルに出たラッパーがバトル慣れしたラッパーに臆せず食ってかかる姿等々…とにかく事象一つ一つの熱量が凄かった。一大学生、そして一ラッパーとして帰りの電車に乗りながらこう思った。「これ、折角だし当日予選ちょっと出てみたいなぁ…」

 

感動して出たいと思ったはいいものの、ラップを初めてまだ数ヶ月だし正直小節もろくに分かってないのにラッパーを名乗って出場なんておこがましいのでは……ボロクソになるのが目に見えてる…いやでも練習会でバトルもさせてもらってるし意外にイケるのでは…?

予選から数日後、そんな風に悩んでいる時に読んだ某ラッパーさんのコラムの中に”ラップ童貞”という言葉が出てきた。フリースタイルはおろかラップを一度もやったことがない人間、そんな人が初めてラップ童貞を捨てる瞬間、その面白さと煌めきの話が記されていた。出場を決めるかどうしようか悩んでいた矢先にそんな記事を読んでしまったものだから、行き着く答えは一つしかないと思う。

f:id:mentuyuumaizo:20160922164526j:image

私は優柔不断でビビりな割には好きな人の影響はすぐ受けたがるタイプの人間なので、手にしていたクイックジャパン(vol.127)を閉じて大事に本棚に置いた直後当日予選へのエントリーメールを打ち始めた。必要事項を書いてメールアドレスを確認したまではいいが、土壇場で怖くなってきてしまい、マウスを持つ右手が止まってしまった。

脳内の悪魔(栗山千明似)『いい機会だし、”MCバトル童貞”、捨てるなら今しかないんじゃない?』

私『いや…まだ就職も決まってないのによくないよぉ…顔バレこわいし…強そうな若者達はもっとこわいし……』

千秋様『このいくじなし!!そんなんだから〜〜(以下省略)』

私『へへ…すいやせん……』

そんな感じでPCの前で20分ほどモジモジDTムーブをかました後に、震える指で送信のボタンを押した。

結果的に、誘いに乗って大正解だったと思います。

前置きが非常に長くそして気持ち悪くなりましたが、こんな感じで大学生ラップ選手権当日予選への出場を決めた、しがないMC見習いの拙い備忘録に今回はお付き合いいただけたら幸いです。

 

来るべき9月19日(月・祝)、大学生ラップ選手権当日予選そして本戦当日。

登録期限ギリギリなのにろくに履修も確定させず卒業単位取得の目途も立ってない状態で大学をサボった私は「(これで卒業できなくなったら笑うな…アッそしたら来年も大ラ出れるな…いっかじゃあ…)」みたいなバトルに全然関係ないことを考えながら(というか緊張しすぎて考えないようにしてた)R-Loungeに向かっていました。エレベーターで偶然MAKI DA SHITさんと乗り合わせ、緊張でグズグズの挨拶を交わした後、会場に着き扉が開いた先には見知った顔のワッショイサンバさんの姿が見え、一気に緊張が解れたのも束の間。ふと周りを見るとリハーサル中のCHICO CARLITOさんやら以前G.I.R.Lでご一緒させていただいた萌黄さんやら主催のゆうまさんやら本選出場者の選抜MCの方々やら予選でもお見かけした数々のつわもの大学生ラッパーの皆さんやらとにかくまぁ~そうそうたるメンバーが普通にフロアにいらして「(えっ!これ現実!?)」とサンバさんの隣で怯え散らしつつエントリー待機。

当日のトーナメントの順はエントリー確認の際に引いたくじに寄って決まったのですが、最後尾だった私は当然最後に一つ余ったくじを引くことになり、結果がこれでした。(無能が私です)(手は私ではないです)

 f:id:mentuyuumaizo:20160922014646j:image

 初手からストロングボッチスタイルを発揮。残り物には福があるって本当ですね(?)

 

f:id:mentuyuumaizo:20160922020912j:image

手相を書いたから運が回ってきたのかもしれない(待ち時間に撮ってもらいました)

空欄の23は果たして埋まるのかどうか、ドキドキしながら待ち時間を過ごし、13:40頃いよいよ当日予選の第一試合が開始されました。

数々のバトルに関しては申し訳ないことに記憶が飛び飛びで、細かい感想を綴ることはできないのですが、自分と同年代の学生がこんなに凄いことをやってるのか…!と8月の予選を観戦した時に感じた気持ちを改めて思い出しました。

どれも面白かったのですが、一回戦で印象に残ってたバトルと言うと…

あひるさんvsMilk Boyaさん戦はスタイルもスタンスも正反対という感じの二人のバチバチの対戦が非常にアツかったです。学歴で攻める相手に対しストリートで攻める!みたいな構図が「大ラならでは!」という感じで見ごたえがありました…。対照性と服装と名前が相まって観戦後某CMを思い出したりもしたり

f:id:mentuyuumaizo:20160922021917j:image

あとclockさんvsKAMI-Xさん戦では学ランに下駄という出で立ち、そしてそこからパワフルな声量を繰り出すKAMI-Xさんのインパクトがまずもう凄かったし対するclockさんがこれまたテクニカルでかっこいいな~!強いな~!と思ってテンションをブチ上げたり

f:id:mentuyuumaizo:20160922022008j:image

 他にも諸々楽しかったのですがいかんせん鳥頭でしてね…一回戦から熱い試合がたくさんあったのでもう一度動画やらで見たい。

私はと言うと、結局対戦相手がまだその時点で到着していなかったため、そのままシード権をいただくか、遅れてきているらしい対戦相手を待つかの2択だったのですが性格がねじくれている為ありがたくシード権を頂戴しました。

(もっとブーイング食らうかと思ったけど意外と受け入れられてびっくりした。)

その後のしばしのDJタイムでは、サンバさんに連れ出してもらい少し会場を抜けて一緒に軽くサイファーへ。暫く雨の中二人サイファーをしていたところ、ラーメンを食べに行こうとしていたぎぎぎのでにろうさんがたまたま通りかかったため半ば強引に参加してもらいました。(ちなみにサンバさんとぎぎぎのさんは本戦一発目の対戦相手)諸々アレなネタをぶっこみつつ楽しくサイファーを終えた頃には大分肩の力が抜けていて、緊張で死にそうだったところをお二人に助けていただきました。感謝しかねぇ~!!

 

 会場に戻りいよいよもって第二試合がスタート。正直自分の番が来るまでぼやぼやしたままバトルを見ていたのでなかなか内容が思い出せず。

水月さんvs大和さん戦で水月さんが宇宙戦艦ヤマトのテーマに乗せてバース蹴ってたのが印象的だったり、予選からの選抜組であるchagoさんvs翁さん戦もバチバチで熱かったり……いやもう一回動画でちゃんと見たいな…(二回目)気づいた頃には己の名前が呼ばれてステージに上がっていました。

一回戦では不戦勝だったので実質初戦です。相手はclockさん。運良く後攻をとれた私は先攻バースに反論した後「お前の時計を止めに来た!!」とか言いながら

Mr.FULLSWINGの話とか

f:id:mentuyuumaizo:20160922043307j:image

DIO様の話とか持ち出したり

f:id:mentuyuumaizo:20160922043341j:image

他にもclockさんの真っ当なdisに対してぶどう狩りだのケツから云々だの数々の最悪ワードを吐きつつひたすらイキリ散らし、結果延長まで持ち込んだのちに見事完敗いたしました。強かったです。

時計は時計でも相手はG-SHOCKでした。

バトル前後に握手やら挨拶やらさせていただいたんですがどこまでも爽やかナイスガイでいやいや人としての格〜〜!!ってなった(?)

 

よく「ステージの上には魔物が潜んでいる」、というフレーズを耳にすることがありますが、どちらかというと「ステージの上だと魔物制御できない!」のが近いなぁというのが、初の公的なMCバトルを振り返っての感想です。

普段練習会なんかでMCバトルをする上で、なんとなく心の隅に留めてた自分ルールに「身体的特徴にまつわるdisはしない」というのと「殺す・死ねって言葉はなるべく使わない」ってものがあって、(まぁ結構な頻度で破ったりもしてたんですが)それは忘れないようにしなきゃなぁ、とか冷静さを失ったらあかんな…しっかり相手の話を聞かなきゃなぁ、とか無責任なりに色々思いながら今まではマイクを握ってたんですが、あの日は違かった。

ステージの上、観衆の前でマイクを握ったまま、相手のバースを聞いた瞬間、何かがプチッと切れたというか、特に地雷を踏まれた訳でもないのに『絶対にぶっ殺すぐらいの気持ちでいかなきゃ駄目だ』と瞬間的に思ってしまい、気がつけば自分ルールも心がけも丸無視の状態で言葉を吐き出してました。(後から思うと、マジで緊張していた所を「大分緊張してるみたい」って図星突かれたからムキになってしまったんだと思う)

MCバトルの場に倫理観の話を持ち込むのはナンセンスだと思うし、鈍器だろうが飛び道具だろうが何でもありの言葉のデスマッチだと思ってる節があるのですが、勢いに任せてガーッと怒鳴り散らしてしまうようなのよりは、やっぱりある程度のスマートさみたいなのがあった方がカッコいいよなぁという持論があったのでその辺りが反省点だと感じました。やっぱり勝ち上がってく人達はその辺りが上手いしかっこいい…………次からはそういう所も気にしてこれからも頑張りたいと思いましたね…。

 

いやあんまおもんないですねこのくだり!?f:id:mentuyuumaizo:20160922135935p:image 

勿論負けてしまった悔しさは拭えないのですが、今回初めて身内じゃない人達の前でバトルをしてみて、全く知らない人達が自分の口にした言葉で盛り上がってくれるということを体験できたのはシンプルにめちゃめちゃ嬉しかったです。「(うわ〜〜!ヤバイぐらい楽しい〜〜!っていうかありがてぇ〜〜!!!なにこれ〜〜〜〜!?歓声ってすげぇ〜〜!!!)」ってずっと思いながらバトルしてました。(語彙…)

多分人生で1番アドレナリン湧いてました。こりゃ確かに一度知っちまえば他のじゃ遊べない……

http://youtu.be/5yd_PL_Vooc

(そういやぎぎぎのサンバさんとのサイファーで真っ向勝負の最低サンプリングをしてしまったことを思い出した)

正直1ラウンド後負けたと思ってたのでまさか延長に持ち込めるとは…いやはやありがたい……。

丁度当日予選から3ヶ月前、初めてマイクを握った日からずっと、ある意味特殊な環境下でラップをしていたので、チンポジムやらカレー会といったホームを離れた時に自分のラップが人の目にどう映るのか?どこまで通用するのか?という不安はエントリー直後からあったのですが、爽やかな気持ちで振り返れられるバトルができたので本当に良かったです。

試合後色んな方々に「良かったよ!」と言っていただけたりその後のバトルで名前出してもらったりしてその度何度も「(現実か!?)」ってはしゃいでました。負けたのにこんだけ浮かれてる人間も珍しいのでは…

まぁとにかく非常に楽しかったです!!!!!!!!

といった具合で私の脱MCバトル童貞物語は一旦幕を閉じ、後はひたすらバトル観戦とライブ観賞を楽しんでいました。本当はその辺りの話もちゃんと書きたいのですがほんまに長くなりそうなので今回は割愛。

 

改めて大学生ラップ選手権主催の方々、当日お世話になった方々に感謝したいと思います。ありがとうございました!!

 

さて実は本題はここからなんですが。

大ラの恨みはチンマニで晴らすぜということで今週土曜日(9/24)に行われる最狂OTK rap party その名も"Tinpot Maniax vol.2"をちょっと宣伝してこの記事を終えようと思います。

f:id:mentuyuumaizo:20160922162457j:image

『あのOTKとRAPの触れ合いの場がパワーアップして帰ってきた!!

今回はゲストDJとお馴染みのDJ陣、独自ルールのMCバトルに加え、タッグマッチもありと盛りだくさん!!


日時:9/24 14:00~20:00

場所:月あかり夢てらす

料金:¥2000/1D→ツイプラ参加表明で¥1500/1D


-イベント内容-
☆オールジャンルDJタイム
Kalno…FSDブーム以前から数多くのラッパーの似顔絵イラストを手がける本職のデザイナーでDJまでこなすスゴいお方。垣根を越えた豊富かつマニアックな知識を持つ最強ヘッズとしての一面も…。別イベントで運営としてご一緒したのをきっかけに今回のチンマニに参戦!!

地獄兄貴…フェラした後の女の子とキスしなかった男が落ちるとされるクンニ地獄の番人。極端に食が細く、女性の分泌液のみで栄養をまかなう生活を余儀なくされていたが、スカイガールズのスロットで大負けしたことを機に栄養失調で倒れてしまう。最近はちゃんとカップスープを飲んでいる。

ぽ太郎…全てが未定の男。このイベントに参加するかも未定。


☆ビートライブ
DocManju…最近食生活の改善によって常に固形のウンコがでるようになったらしい。やったね。


☆チンマニMCバトル
お題制変則ルール「パンチ・ラインカウント制」を導入したMCバトル。先攻が提示された3つのお題の中から一つを選び、両者それに沿った話題(正直おもしろければあんまり沿ってなくてもいい…)でバトルする。審査員が「かっこいい」「おもしろい」「キモい」といった独断と偏見に基づいた基準で試合中のパンチ・ラインの数をカウントし、その合計数で勝敗を決める。事前エントリー不要。


☆チンマニタッグマッチ
一人なら火でも二人なら炎!!
パンチ・ラインカウント制を用いたタッグマッチ。現在7組がエントリー済み。バトルビートはstudio tinpotのビートメイカーによる完全新規を予定。

エントリーチーム
①ヤボ犬(ヤボシキイ×今日犬)
②算数できないガイジ(ワッショイサンバ×らいんひき)
③2億5000万パワーズ(遊牧民×樫)
④サイコアスペ(みずる×マジコン)
⑤九州三獣士(小梅びうす×セネティ×がっしー)
⑥ふぁんしーゆりだんし(なべはる×SHICO)
⑦ちんぽ屋(オラディー×ぽじぽじ)
⑧※当日エントリー枠』

(twipla紹介文より引用)

当日私はオラディーさんの代打でチーム・ちんぽ屋閉店セールの一員としてタッグバトルに参加させていただきます。あと多分個人のバトルも?

チンジムを代表する最強クールなビートメイカーの方々やキャラ性半端ないストロングOTKラッパーの方々が勢揃いします。(多分)さながらプリキュアオールスターズ!(?)

私自身初参加なので非常に楽しみです!!

みんな大好きワッショイサンバちゃんも出るので興味のある方は是非是非ご参加ください!

リンクはこちら↓

http://twipla.jp/events/216692

 

拙い文章ですがここまで読んでくださりありがとうございました!敬具。